久喜市の学習塾 明青学院>>>明青学院の特徴


rogo2.psd

埼玉県久喜市にある高校受験専門の学習塾 
定期テストの得点/内申点/北辰偏差値アップ 自立型個別指導で志望校合格へと導きます

一人ひとり違うのに、みんなと同じ学習法でいいのですか


一人ひとり理解のペースは異なります。得意な教科や苦手な教科も異なります。性格や考え方も異なります。だから、一斉授業に向いているお子さまもいれば、個別指導に向いているお子さまもいる、本当にそれぞれです。

そして、お子さまが今抱えている悩みもまたそれぞれです。

    ●テスト勉強はしているけれど、点数が取れない。
    ●何を、どのように勉強すればいいのか、分からない。
    ●苦手な数学をできるようになりたい。
    ●英単語がなかなか覚えられない。
    ●塾で教えてもらっても、できるようにならない。 ・・・

これらの悩みを解消することは、病院で診療をお受けることと似ています。まずは、悩みの原因をさまざまな角度から見つける必要があります。自分で発見できない時は、専門的な知識を持った人に聞くべきです。

次に、病気によって治療や飲む薬が異なるように、悩みの原因によって正しく対処する必要があります。対処の仕方は、たくさんあるということです。つまり、お子さんがみんなと同じ勉強法をすれば成績が上がるということはあり得ないのです。そして、しい対処法で原因を解消しようと努力することで、徐々に良い結果が生まれてくるのです。

その努力を続けるためには、「成功体験」が必要不可欠です。成功体験はしようと思ってできるものではありません。だから、私たちはそれを意図的に体験させようと考え、いろいろな仕組みを考えていきます。ですから、私たちはもちろん学習内容も指導しますが、「成績が上がる勉強法」を一生懸命に指導するのです。

悩みの原因と対処法がミスマッチのままでは、いつまでも悩みは消えませんし、大変なのは子どもたち自身です。

ご存知ですか? 成績アップのための3ステップ


成績を上げるためには、次の3つの段階があります。

最初の段階は「分かる(理解する)」ことです。 「分かりやすい授業」は学校の先生の評価となるはずです。また、いろいろな塾でも「分かりやすい楽しい授業」「分かるまでとことん教えます」 など謳い文句のとおり、ここに最大限の力を注ぎます。

次の段階は「できるようにする」ことです。 第一段階に力を注ぐと時間が不足しますから、この段階は基本的に家庭学習(宿題)となります。「家庭で勉強する習慣」がついている子は、十分な練習をこなし知識として吸収できますが、「家庭で学習しない習慣」がついている子は、理解した内容が定着せずに忘れてしまいます。

第三段階は、「潜在意識に刷り込む」ことです。覚えている状態では 時間とともに知識は減っていきます。中間・期末テスト前に勉強した内容をテストが終了するとすぐに忘れてしまうという経験はありませんか。私たちが臨むのは高校入試です。学習した内容を「維持するための練習」をすることで、無意識に出てくる「九九」のように、潜在意識に刷り込む必要があるのです。

この3つのステップを踏んで、学習した知識を自由に使えるようになり、成績が上がるのです。ですから、出来るようになるためには、圧倒的な勉強量が必要なのです。

DSCF0414.JPG

DSCF0441.JPG


「学習トレーニング・ジム」という新しい発想


「勉強する」ではなく、「圧倒的な勉強量をこなす」ことを考えた時、どのような学習法がベストなのでしょうか?

明青学院は、みなさんが考える一般的な塾のイメージとはかなり違うと思います。個別指導の塾と謳っていますが、ブースに座って隣に先生がついて教える一般的なスタイルではありません。集団授業の教室で個別指導を行なっているのをイメージしてください。

授業中の教室のイメージとしては、「トレーニング・ジム」を想像してもらうといいと思います。黙々と問題演習をしている生徒、パソコンで映像授業を視聴している生徒、一角ではホワイトボードを使って先生の説明を受けている3〜4の生徒たち、テキストの正答率を先生に報告しにくる生徒・・・やっていることは一人ひとり異なります。共通していることは、各自の今日の目標に向かって、自分のやるべきことをやっているということだけです。

私たちの役割もそれとほぼ同じです。まず、私たちは学習トレーナーとして、2ヶ月ごとに生徒一人ひとりと「目標」を話し合います。そして、その目標を達成するために「何を」「どれくらい」「どのように」勉強するか、という具体的かつ効果的な指示を一人ひとりに与えていきます。

生徒たちは、それに合わせて自発的にトレーニング(勉強)のスケジュールを立て、実行していきます。授業のある日は、進捗状況をチェックしながら、一緒に授業で達成する目標を決めて、そのために何をすべきかを考えさせていきます。

もちろん、継続して勉強することは、決して楽なことではありません。さらに「出来るようになりたい」という「強い思い」を維持するのも大変です。だから、みんなで集まって勉強するのです。一人では大変ですが、みんなでやると頑張れるのです。

また、私たちはホームルームを通して「誰でもやればできる」というしなやかなマインドを育み、生徒一人ひとりに授業や家庭学習をとおして、成功体験を味わってもらいます。その積み重ねにより、子どもたちは勉強の大変さを超えて、自分で勉強について考えるようになっていきます。

そして、本当の「自立学習」に向かっていくのです。